Members

​_____________

Nikkos 

Our artists, musicians, singers and entertainers as well!!!

_______________________

New photo Nikkos with accordion.jpg

​_____________

Nikkos Vincenzo Bifaro  ニコス ビンチェンゾ ビィファロ

(フルート・アコーディオン・リコーダー・ボーカル・作曲)

Nikkos (ニコス),Bifaro Vincenzo,イタリアシチリア島生まれ。10歳からピアノ、フルート、リコーダー、アコーディオン、サックスを学び、卒業後、各種室内楽、交響楽団に参加し、フルート奏者として活動する。V.ベリーニ音楽学校、アートアカデミー学士院フルート科マスターコースを卒業。グイド・マドゥリ、コンラッド・クレム、アンジェロ・ペルシキッリの各氏に師事。各種室内楽、交響楽団などに参加し、本格的にクラシックフルート奏者としての活動を行う. 87年より作曲活動を始め独自の音楽の方向性を追求し始める。88年、アリッチア音楽祭で優勝し、リタ・バボーネから絶賛される。89年、ファーストアルバム「NIKKOS」リリース。92年「ローマ花の音楽祭」で最優秀賞を受賞。1990年、ドイツ企業主催のコンサートに招待され、日本に初来日。以前、イタリア以外にフランス、アメリカで生活をしてきていたが、文化、風習、食生活全ての面において、日本が自分に合っていることを直感し、1992年の2度目の来日をきっかけに本格的に日本での音楽活動を開始する。同年、「ローマ花の音楽祭」にて最優秀賞受賞。1997年 パイオニアLDCより3部作CDを発表。その後ニコスミュージックを設立し、新たに独自のCDを発表する。2000年には、アルバム「Angels dreaming」を発表。日本では、NHK、教育テレビなどのBGMで使われている。またアメリカでは、Higher Octave Music(EMIグループ)にて販売され、全米のニューエイジラジオの中で注目を集め始めている。2001年に「Angels Flying」、2002年に「Angels Singing」をリリース。また、日本のみならずアメリカ、ヨーロッパ、中国、台湾、シンガポールなど様々な国でも発売されており、SARSやスマトラ沖地震などのチャリティーのために台湾のレコード会社より発売されたコンピレーションCDにも協力している。彼の音楽は今までに、フジテレビ メルシャン軽井沢美術館のCM音楽に「Promenade」が、映画「発熱天使」のテーマ音楽に「Midori」が、台湾の三菱自動車のCM音楽に「Fly」が採用されている。彼の澄んだ音色はその他、NHK、民放他、ラジオなどでも耳にすることができる。03年にアメリカでDVD「Celebration of the sea」を発表。この作品は、同年デンバーで行われ「国際ニューエイジトレードショー」の「Visionary Award」ビデオ・DVD部門」で第2位を受賞。また、シチリアトラパニ市からは高い芸術性を評価され「Saturno賞」を受賞。05年、愛・地球博のイタリアンパビリオン内にて「踊るサテュロス像」の前でパフォーマンスを披露し、好評を博す。映画「のだめカンタービレ」においてニコスがファゴット役で役者デビューします.劇中では本人が作曲したアコーディオンの曲を2曲演奏しています. 2014年4月よりTV東京にて毎週放送ショートアニメ(カリーノコニ)の音樂を昨曲・演奏で担当。www.nikkosmusic.com

.

​Luis

​_____________

Luis Sartor  ルイス サルトル

​(マンドリン・ギター・ボーカル)

1952年、アルゼンチン共和国サンタ・フェ州に生まれる。1978年、ケーナの巨匠アントニオ・バントーハの日本ツアーのメンバーとして来日。1985年、活動の拠点を日本に移し、以来ラテン音楽の魅力を日本に広めるべく活躍するマエストロ。 マンドリン、チャランゴ、ギター、キーボード、パーカッションを自由自在に操り、シンガー・ソング・ライターとしても多彩な才能を発揮。 桑田佳祐が監督を務めた映画「稲村ジェーン」のサウンドトラックや、95年にグラミー賞「ベスト・ラテン・アルバム」にノミネートされたオルケスタ・デ・ラ・ルスの アルバム「ラ・アベントゥーラ」に楽曲を提供し、いずれも大ブレイク!さらに、大のサッカー・ファンとしても知られるルイス・サルトールは2002年「FIFAワールド・カップ」でサッカー日本代表に送る応援ソングを作詞作曲し、「VIVA日本」をリリース。 音楽活動の傍ら、Inter FM (76.1MHz)のDJ、CMのナレーション、 スペイン語の翻訳など幅広く活躍中。著書に、画期的な教則本「チャランゴ・マスター」がある。2007年には、株式会社コナミデジタルエンタテインメントより発売された「ワールドサッカーウイニングイレブン2008」で使用された音楽の作曲、編曲、 プロデュースを担当。 また、2007年に発表された日本在住のラテン移民に関するドキュメンタリー「Voces Latinas」の音楽を手がける。底抜けに明るいキャラクターと熱~いラテン・スピリッツで、日本全国に大旋風を巻き起こしているマルチ・タレントである。

~過去に共同制作したアーティスト~

SMAP、TUBE、桑田佳祐、布施明、阿久悠、坂崎幸之助、加藤和彦、南こうせつ、 西城秀樹、伊東ゆかり、八代亜紀、菅原洋一、渡辺真知子、小林武史、 島谷ひとみ、加藤登紀子、田中健、PONTA、大倉正之助、カルロス菅野、 アルベルト城間、瀬木貴将、冴木杏奈、小松亮太、上々颱風、ハーブ・オオタ、オルケスタデラルス、NORA、オルケスタデルソル、COPA SALVO、SAIGENJI、KOBA、BOM BOM BLANCO、CHICA BOOM、CHUCHO DE MEXICO

Luis Carlos

​_____________

              Luis Carlos Severich ルイス・カルロス・セベリッチ

   (ボーカル・ギター)


南米ボリビア、バージェグランデ生まれ。1969年、グループロス・ライカスを結成。アルゼンチンを拠点に活動。爆発的人気を呼び、LP9枚をリリース、うち3枚を日本ビクターから発売。1979年、アルゼンチンタンゴの巨匠、オズバルド・プグリエーセ楽団と共演。ツアー活動で日本を縦断。ロスアンジェルス、ニューヨークなどアメリカ各地でも公演し、この年、ゴールドディスク賞を受賞。1983年ロス・ライカスから独立、活動の場を日本に移し、日本初のフォルクローレグループ「カンタティ」を結成。日本でのフォルクローレ演奏家の誕生に大きな影響を与える。その後、現在のロス・トレス・アミーゴスのリーダーとして演奏活動を開始。数々の名曲を作詞、作曲、演奏。CD4枚をリリース。NHKBSふれあいホールで八代亜紀さんと共演している他、スペイン語講座にもたびたび出演。ソロとしてもTV.ラジオ、CMに数多く出演。また、日本音楽集団の委嘱により、尺八と琴のために「プヤ・ライムンディ」を作曲。その才能は高く評価される。歌唱においてもサッカーキリンカップ、日本代表対ボリビア代表の試合で6万5千人を前に祖国の国歌を独唱したのをはじめ、2008年ロス・トレス・アミーゴスのニューアルバムと20周年記念コンサートツアーを行い、2009年2月加藤和彦とともにフジテレビノミュージックフェアに出演2018年は私にとって奇跡のような年でございます、先ずカンタィノ36周年味わお事は冠である、そしてトレス・アミーゴスは30周年になりました。2019年はゴンドリエリスタートしました!!!

Jorge

​_____________

Jorge Díaz Rodríguez  ホ ルヘ・ディアス・ロドリゲス 

(​ボーカル・ギター)

スペイン・マドリッド出身歌手、ギタリスト、作 詞家、作曲家スペインオペレッタ(サルスエラ)を学び、10歳でドイツ・シュトゥットガルトの劇場にて兄弟2人と共にオペレッタを公 演。17歳にしてスペインで最も権威あるオペラ協会A.L.T.A.(スペイントレホン・デ・アルドス市オペラ協会))の メンバーとなる。その後、スペインの5つのテレビ局にてサルスエラ(スペインオペレッタ)歌手として出演、またマドリード、バルセロ ナ、バレンシアなどの最も重要な劇場での公演に参加。スペイン国王夫妻のパーティをはじめ、レアル・マドリード他スペイン サッカーチームの祝賀会やパーティーに招かれ、演奏したり、各国の国賓の晩餐会などでの演奏、また世界的なミュージ シャンのステージに参加演奏のショー。

Special Guest

Kojima Clarinet con bordo.jpg

​_____________

  Kazuhisa Kojima 小嶋和久

​  (クラリネット)


  •                                                                                          


東京都出身。東京コンセルヴァトアール尚美卒業。クラシックを浅井俊雄氏に、ジャズを清水万紀夫の各氏に師事。卒業後、アメリカにてジャズの研鑚を積む。ジャンルに拘らないエンターテイメント溢れるクラリネット奏者として、コンサート、ライブハウス、ホテルラウンジ、レストラン、クルけージング、遊園地、テーマパーク、様々なイべント、スタジオワーク等で活躍中。ニニロッソを尊敬し、最近はムード音楽に傾倒。また作編曲活動も行う一方、後進の指導にも当たる。サントリーホールにて、小澤征爾指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団と、武満徹作曲「写楽」(クラリネットフィーチャー曲)を共演。FM・NHKにて放送。PARCO劇場にて、天海祐希主演・舞台戯曲「マヌエラ」にミュージシャン役として、一ヶ月間連日出演

Angelo

Angelo De Rosa con bordo.png

Angelo De Rosa アンジェロ デローザ

      (​ボーカル・ギター)

アンジェロ デローザ  南イタリアの出身。20年間程日本に在住。 大学で現代音楽史を専攻。世界的テノール歌手ルチアーノ・パバロッティ氏のレッスンも受講した。来日後はギタリスト( 現在ヤマハ音楽教室でギターを教えています) 、ボーカリスト、トランペッターとしての活動と同時に、ジャズライブからクラシックコンサートまで幅広いジャンルの企画、プロデュースも手掛けている。

© 2019 Gondolieri Company

Italia 1 design.png
gondola image corta.png